びまん性脱毛症は完治する?びまん性脱毛症の原因と対処法まとめ

髪の毛のボリュームが以前よりも減少して来た、頭皮が目立つようになって来た、毛髪が細くなって来た、髪の毛のコシがなくなって来たなど、以前よりも髪の毛の質などが変わっている場合、びまん性脱毛症の可能性があります。

 

 

びまん性脱毛症は別名「FAGA」と言われている薄毛で、男性に見られる「AGA」と違い、髪の毛は部分的ではなく、全体的に毛髪が減るため、髪の毛のボリュームが減って来る、頭皮が目立つようになるなど、見ためにも薄毛のように感じる人が多く、鏡を見た時に薄くなった事でショックを感じてしまい、症状が悪化するケースもあります。

 

「FAGA」と言うのは女性男性型脱毛症と言われている薄毛で、女性に多くみられるのが特徴です。
びまん性脱毛症はパントガールというサプリメントが知名度が高いのではないでしょうか?(よく読まれています→パントガール 効果なし?)

 

男性型脱毛症の「AGA」は、男性ホルモンが脱毛症に大きく関与しているのが特徴で、薄くなる特徴は男性と女性とでは異なりますが、女性にも脱毛症が生じるケースがあります。

 

但し、女性の場合、男性の脱毛症と区別をする目的で女性男性型脱毛症、「FAGA」、びまん性脱毛症など色々な呼び方がありますが、すべて同じ脱毛症の事を意味しています。

 

尚、「FAGA」は「AGA」と同じようなメカニズムで薄毛を生じさせるのが特徴です。

 

 

「AGA」の場合は頭頂部と額の生え際が徐々に薄くなりますが、「FAGA」の場合は女性ホルモンの働きが強いため、頭頂部の薄毛でもあるO字薄毛や生え際の薄毛でもあるM字薄毛と言った症状になる事はなく、髪の毛全体が薄くなっていきます。

 

しかし、「FAGA」は「AGA」は血液の中を流れる男性ホルモンが毛根部分にある毛乳頭に入り込んでしまえば、5α-還元酵素により、DHTと言う男性ホルモンに変化してしまい、DHTが毛母細胞に入り込めば毛母細胞の細胞分裂が行われなくなってしまい、発毛を妨げてしまう事になります。

 

更に、毛周期が乱れる事で成長期が短くなり、髪の毛が成長する前に抜け落ちるため、薄毛や抜け毛になると言うメカニズムがあります。
尚、びまん性脱毛症を完治させるためには、何故脱毛症が生じているのかを理解しておく必要があります。

 

脱毛症が生じる原因には、加齢、出産や経口避妊薬、ストレス、ダイエットや食生活の乱れ、過度のヘアケアなどが挙げられますが、これらの何れかが要因しているケースが多いため、専門クリニックでカウンセリングを受ける、そして専門医のアドバイスを受けて治療を開始する事で完治する可能性が高くなります。